【ガイドブック訂正事項】ラーンナー建築センターの入場料

larchitecht.jpg

旧市街にある「ラーンナー建築センター」(「北タイごはんと古都あるき チェンマイへ (旅のヒントBOOK)」 pg46)は元王族の屋敷で、見学することができるのですが、今日久しぶりに行ったらなんと入場料が必要になっていました。
今まで無料だったのですが、つい最近変わったそうです。
大人(外国人)  120B
学生・60歳以上(外国人) 20B

無料から120バーツとはちょっとびっくりですが、学生は手頃ですし、タイ在住の証明書があればタイ人料金(大人60B、学生10B)になるとか。
大変お手数ですが、ガイドブックの情報の変更をよろしくお願いいたします。

——————————————————————————
【これまでの変更事項】
①pg28 カオソーイ・メーサーイ
 →休み(第1日曜日のみ休み)
②pg29 ウアンカムサーイ
 → 隣りの店舗に移転
③pg47 MAP【P136*A-2】
 →MAP【P136*B-2】
④pg54 レンディ・デザイン
 →閉店 (ニマーンヘーミンのOne Nimmanショッピングコンプレックスの2階に少し置いてある)
⑤pg83  ニマニアン・クラブ
  → 閉店
⑥pg86  ジンジャー
 →閉店(向かいのOne Nimmanというショッピングコンプレックスに“Ginger Farm”というレストランをオープン。2階に少しだけ雑貨を販売。しっかり買い物をしたい方は、旧市街の本店へp49)
⑦pg91 ワット・シースッパン
 →入場料 50B
⑧pg101 ペーパー・スプーン
  →カフェをやめて2階に雑貨のみ販売(Lazy Daisyカフェ、ギャラリー、ゲストハウスがオープン)
⑨pg103 リニン・ハウス
  →閉店 →mainijiブランドのみバーン・カーン・ワットの奥に店を再オープン

⑩pg47 ラーンナー建築センター
 →入場料無料 → 「大人120B、学生・60歳以上 20B」に変更

投稿を作成しました 1824

【ガイドブック訂正事項】ラーンナー建築センターの入場料” に 2 件のコメント

  1. 昨日、本を購入しました。
    そして、「チェンマイ ブログ」と検索をかけたら、こちらに……

    本と一緒にブログを読ませていただいて、チェンマイ旅行の参考にさせていただきます。

    尚、ゴールデンウィークに初めての7日間のチェンマイ旅行です。とても楽しみ….. ^_^

    1. 北山さま、本のご購入どうもありがとうございます!
      5月は乾季の終わりでまだまだ暑いと思いますので、お寺の本堂やカフェ、マッサージ店などで休みながら観光されてください。
      楽しい旅になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る