おたまじゃくしはスープ? 徳? 運命?

ここのところずっと雨が降っているので、
毎朝ジョギングする公園の所々に水溜りができている。
そしてそこにカエルが卵を産み、おたまじゃくしがうじゃうじゃ泳いでいる。

それが今朝見ると、水が乾いてしまっている。
よく見ると大量のおたまじゃくしが少し湿っている土と水の中に身を潜めている。
空を見上げると珍しく太陽が出ている。
このままでは干からびてしまう。

ということで、友人と一緒におたまじゃくし救出作戦に出た。
ゴミ箱から紙コップを拾ってきて、おたまじゃくしを1匹ずつすくっては移した。
みるみるうちにコップはいっぱいになり、
まるで台湾にある黒珍珠茶のよう(黒い真珠大のタピオカ入りのミルクティー)。
でも実際はおたまじゃくしがひしめき合い、ぴょんぴょん踊っているので不気味。
とてもグロテスクだ。

通りがかりのおじいさんが覗いて
「○○カエルのおたまじゃくしだったら、大きいのでスープにするとおいしいのにねえ」
と笑っていた。
幸か不幸かこれは小さなおたまじゃくし。
ちゃんと池に放してやった。

友人はたくさん徳を積んだと大喜び。
でもある友人は自然の摂理、それがおたまじゃくしの運命なんだから
人間がいじらなりほうがいいと言っていた。
おたまじゃくし1つ取ってもいろいろな考えがある。
さて、あなたならどうする?

投稿を作成しました 1886

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る