ドアの前はふさいではいけない

アパートの事務所はドアが2つあって、1つは何年も閉めたままになっている。
ちょうど花壇の真ん中にあるので、その前に友達が水槽や植物などぎっしり置いていた。
それもドアが閉められたのと同じで、何年もだ。
それがある日、なくなった。
人が出入りできるほどきれいになり、その周りに植物が置かれてある。
なんでだ? と思いつつ深く考えなかった。

この間、買ったハンギング・バスケットの植物があまり元気がないので、
下に持って行った。
私はグリーン・ハンドでないので、植物がいじけることがよくある。
それを1階に置いておくと、友達やお母さん、お父さんが面倒を見てくれて、
診療所にいれたようにすぐ元気になる。
だから今回も1階に持って行き、ちょうどバスケットがかけられる、
例のドアのところにかけておいた。
するとお母さんがやって来て、
「ここにかけてはいけないよ」
と言う。ドアは使っていないものの、神様が出入りするところだから、
ドアの前に何かを置くのは良くないと。
お母さんも近所の人に言われて、水槽やら植物をどけたそうだ。
なるほど。
結局、私のバスケットはアパートの祠にかけることになった。
そこはなぜかいいらしい。

投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る