殺生

She is looking for the tadpole.
今日は仏教の大切な日。
お酒を飲まない、殺生をしない、嘘をつかないなど、
普段は戒律を守っていなくても、この日だけは守る人が多い。
街でもお酒を売らないレストランがほとんどだ。
だから、私が「実家に帰ったら、エッブ・イーフアッ(7月16日の日記)に入れる
おたまじゃくしを捕まえたい」と言うと、
「日曜日は仏日でダメだから、土曜日にしなさい」と言われた。

ということで、昨日の夕方、お寺に供えるお菓子と料理の準備が終わった後、
田んぼにおたまじゃくしを捕まえに行った。
親戚のおばちゃんと思われる人が得意ということで、
彼女を先頭に大きな網を持って田んぼへ出かけた。
オタマジャクシは、田植えが始まる前、そしてカエルになる前の短い期間しか捕れないという。
だから今が旬なわけだ。
もっとも、もうほとんどは田植えが終っているので、旬も終わりだろうか……。

They are all edible!
まだ植えていない田んぼに入り、足を動かしながら網の中に生き物を追い込む。
泥がひんやりと気持ちいい。
網にはオタマジャクシだけでなく、透明の小さなエビやタガメ、ヤゴ、なまずが入ってくる。
オタマジャクシも種類がいろいろあるけど、お目当ては小指サイズほどのもの。
お腹が丸く、ずしりと重い。
日が暮れるまで田んぼの中で遊び、20匹以上のオタマジャクシとエビやタガメ、ヤゴ、
なまずなどを捕まえることができた。
まずまずの収穫だ。

a big tadpole!
家に持って帰ると、親戚のおじちゃんやおばちゃんたちが口を揃えて、
「ハーブと混ぜて食べたらいいよ。でも、明日は仏日だから殺生はできないけどね」
と言う。
明日はできないけど、あさってならいいらしい。
でも、オタマジャクシなどがタライで身をくねらせる姿を見ていると、
勝手なもんでかわいそうになってくる。
私は実物を見ることができたのでもう十分だから、
「明日、放してやろうよ」と言ってみた。
でも結局、隣りの親戚のおばちゃんが持って帰ったので、
それをどうするのかはわからない。
今日、殺生しないということだけは確かだけど……。

投稿を作成しました 1948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る