「どろろ」に再会

どろろ友達がマンガを借りに行くというので一緒について行った。
大学の周りにはそういう店が何軒もあるのだ。
置いているのはほとんどが日本のマンガ本。
少女マンガやドラえもんなどの子供向けのもの、恐怖ものにスポーツものなどなんでも揃っている。
友達はだいたい恐怖ものを借りるけど、私は「ブラックジャック」や「三つ目が通る」など手塚治虫ものを借りる。
学生の頃、家には手塚治虫と梅図かずおのマンガがほぼ全巻揃っていた。
だけど、引っ越しが多いせいか全部古本屋行きになった。

店には貸すだけでなく、マンガも売っている。
子どもの頃が懐かしくて、手塚治虫のマンガを見つけると、つい私は買ってしまう。
今日はなんと私の大好きな「どろろ」を発見! 
2冊で63バーツ(約180円)だった。
あー幸せ。


投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る