ローイクラトンの準備

パンタオ寺街では着々とローイクラトンの準備が進められている。
渋い雰囲気が良いパンタオ寺の木にはカラフルな提灯がたくさんぶら下げられた。

ランプを作る小僧たち境内では小僧たちが地面を飾る花型のランプを作っている。
何よりびっくりしたのは、境内に突然、川ができていたこと!
きっと人々が灯篭を流せるように作ったのだろうけど、このお寺の地味な感じが好きだっただけにちょっとガックリ。
でもきっと夜はいろいろな光が揺れ、
きれいなんだろうな。

飾られた門ローイクラトンに欠かせないのが、プラトゥー・パーという門。
ヤシやバナナの木、サトウキビ、提灯で飾って神様を迎え入れる。
街のあちこちのお寺や店、家の門が華やかに飾られている。

会社の門その中でも豪華だったのがこの会社。
普段からピンク色の壁に大きな鳥のオブジェがある派手な外観だけど、ローイクラトンは若い人たちの手で華やかに門が飾られ、夜はこのようにライトアップされた。


投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る