燃える花、ドーク・トーングワーウ

オレンジ色の道
この時期、道路がオレンジ色に染まる。

燃えるような花
見上げれば、鮮やかなオレンジ色の花が咲いている。
灼熱の太陽に照らされてまるで燃えているようだ。

花
火の鳥のようであり、
羽子板の羽のようでもあり、
童が踊っているみたい。

これは北部弁で「ドーク・トーングワーウ」という花。
英語で、バスタード・チーク、ベンガル・キノ、
「森の炎」(Flame of the Forest)と呼ぶこともあるらしい!

この時期、満開なので空を見上げてみて。
あ、ちなみにこれはチェンマイの県花です。

投稿を作成しました 1889

燃える花、ドーク・トーングワーウ” に 7 件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74cfb895aeabb45ab90f5f46994e8069
    県花だったんですね。
    チェンマイ大・コンベンションセンターの横の
    牛乳屋さんなどが並んでいるところにもありました。
    パンと牛乳を頬張りながら、鮮やかなオレンジ色に
    見とれていました。

    木に近寄ったら、本当に羽子板の羽のようで
    重みがあって、綺麗なうちからボトボト落ちてしまいます。
    思わず、娘と籠いっぱいに拾って帰りました。
    紐を通して繋げたりして遊びましたが、
    染色にも使えそうですね。
    また何処かに拾いに行きたいです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Eriさん、あのお花、本当にきれいですよね。
    あんな色の布があったら身にまとってみたいなあ。
    もし染色することがあったら見せてくださいね!

  3. SECRET: 0
    PASS: 84700e042f2cb80c0f06ac2902c8116e
    結構大きな木でした。炎が燃え盛っている感じで、何という花かと思っていました。

    また、あちこちに大きな柏の葉を大きくしたようなのが落葉していました。あれは何の木ですか?チェンマイ大学の近くの公園などにもいっぱいでした。

    チェンマイから23日に帰って、26日から静岡の田舎に来ています。あのチェンマイの温かさは良いな!!
    静岡も寒いです。明日は雪が降るとか?ウエザーリポートです。

    チェンマイに帰りたい。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    沖縄の県花のデイゴにそっくりです~!
    一緒なんですかね?
    そうだとするとなんだかわくわくします。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    yoshiさん、この時期は落葉していますね。でもあれは何の葉なんでしょう……。
    チェンマイの朝晩は涼しいですが、日中は寒さが恋しくなる暑さです。ふう。

    ギマミムリさん、確かに! でもデイゴの方が赤くて、低木? ネットを調べると、デイゴの学名がErythrina variegata L.(分類:マメ科デイゴ属)、タイのものが学名:Butea monosperma Kuntze(分類:マメ科ビューテア属)と出てきました。
    微妙に違うようですが、燃えるような印象は同じですね。私もデイゴの咲く季節は運転しながらよく目を奪われていました。

  6. SECRET: 0
    PASS: 84700e042f2cb80c0f06ac2902c8116e
    サワディー クッラプ!!

    麻里さん
    静岡は寒い、寒い。雪は降りませんでしたが今朝の室温1℃、現在室温12℃です。
    タイ旅行のことを少しブログに書き始めましたが、上手くは書けませんが、続けてみます。見てください。

    文章が下手なのでなるべく写真を載せたいと思います。

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    室温1度……。寒がりの私としてはやっぱり暑いほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る