束の間の幸せ

チェンマイの最高気温、40度!
あー、涼しい!と思い込むにはもう無理がある。
冷蔵庫もクーラーもない私はただただヤモリのように、
両手両足を広げ部屋のタイルの床にべちゃっとひっつけたまま動けない状態。

そんな哀れな私に友達が小さなアイスボックスを貸してくれた。
早速、店で氷をたっぷり入れてもらい、そこにライムジュースも絞ってもらった。
ストローをさし、豪快にアイスボックスから冷たいジュースを飲むのは、極楽、極楽。
はあ?、幸せ。

投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る