タイ・ルー族の祭り

タイ・ルー族のおばあちゃんチェンマイのドイサケット郡でタイ・ルー族のお祭りが開かれた。
タイ・ルーは山岳民族ではなくタイ族で、ビルマとの戦いで荒廃していたチェンマイを立て直すために18世紀に中国雲南省のシプソンパンナから連れて来られたといわれている。
北部タイで6万人、ドイサケット郡には4つの村があり、お祭りが開かれたルワン・タイ村には800人ほどいると聞いた。
そこに各県・各地域からのタイ・ルー族が集まり、
それぞれの民族衣装に身を包んでパレードした。

こんな衣装も男性の衣装子どもも

おばさんにおじさんに子どもも着飾っている。
私もサドーというたっぷりしたズボンンと茶色のブラウスを購入。
手織りの草木染コットンの生地は心も体も優しくしてくれる。

パレードあ、ちゃんと若い女性も行進していたので
あしからず。

ここのところお祭り続きで、つくづくチェンマイにはいろいろな人種が住んでいるなと感じた。


投稿を作成しました 1882

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る