観光客が(少しだけ)戻ってきた

タイのコロナ感染者が1万人以下になり、バンコクなど感染者が多かった地域のお店もオープンした。
今まで県外へ行くのを控えていた人も旅行するようになり、チェンマイもだいぶ人と車が増えてきた。
これから気候の良いハイシーズンだから、もっと県外の人がやってくるだろう。
11月1日から外国人にもオープンする予定なので、こちらはかなりゆっくりだろうけど、 少しは増えるはず。
外国人観光客に対し、チェンマイは4郡(市内、メーリム、メーテン、ドイタオ)のみオープンするというが、その郡に関しては、ワクチン接種率が60%以上になったとか(最低1回の接種)。

ドイステープ寺院の階段。
これだけ人が少ないのは今だけかも。

賑わっていた頃はこんなに人がいて、写真を撮るのが大変だった。
人なしで写真を撮るのは今がチャンスかも!

これからハイシーズン! とはいえ、チェンマイのコロナ感染者は増加しているので、ちょっと心配。
ワローロット市場やムアンマイ市場(卸市場)、チェンマイ門市場、お葬式などでクラスターが発生。
毎日350-400人の感染者が出ている。
まだしばらくはこんな状況が続きそうだ。

投稿を作成しました 1933

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る