いわしの缶詰

いわしの缶詰 チェンマイだとおいしい魚が手に入らない。ほとんど淡水魚だし、それもホルマリン漬けで売っていると聞く。新鮮な海の魚を売っている店もあるけど、台所がない私の部屋では調理できない。魚を食べたいと思いつつ、必然的に豚肉と鶏肉ばかりの食生活になる。 それでも、しばらくは姉が日本から持ってきたイワシの缶詰があった。だけど、それも終わり、魚を食べないとな……と思っていた。そこで苦肉の策だけど、この頃屋台で注文するのが、「イワシの缶詰・焼き飯」だ。トマトピューレの中にイワシが入っている缶詰を使った料理だ。その缶詰は屋台なんかによく置いてあり、それでトムヤム・スープやサラダ(ヤム)、焼き飯を作ってくれる。缶詰というと味気ない気がするけど、ライムを搾って唐辛子と混ぜるヤムなんかは意外といける。
 そして、「イワシの缶詰・焼き飯」(カオパット・プラークラポン」だけど、これは単純に普通の焼き飯にイワシを混ぜて炒めるだけだが、まあそれなりにおいしいと思う。
 もしチェンマイにいてフィッシュ・オイルが不足してきたと思ったら、注文してみてはどうだろう? 目印は赤い缶詰だ。


投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る