青いお菓子

タイのお菓子はとてもカラフルだ。
緑やオレンジ色、黄色といったお菓子がある。
あまりにも派手な色があり、時々ドキッとするけど、
それがなんと自然着色だったりすることもある。

その1つに青色がある。
青色というとあまり食欲がわく色ではない。
だけど「アンチャーン」という花で色付けしていると知ると、
ホッとするとともに興味がわいてくる。

アンチャーンの花は群青色で、朝顔と豆の花を足して2で割ったような形をしている。
それに少量のお湯を入れてもむと、自然色とは思えないような、
絵の具にあるような青い汁が取れる。
それをお菓子に混ぜると、青いお菓子の出来上がりだ。
あまり入れると濃くなり、まずそうに見えるので、少量入れるのがポイント。
そしてアンチャーンの汁にレモン汁をたらすと今度はなんと紫色になる。
紫色のお菓子にしたければその汁を使えばいい。
タイ菓子は奥が深いなあ。

投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る