お正月のお菓子、カノム・ジョック作り

ココナッツを削る北タイでは、お正月にカノム・ジョックというお菓子を作る。
緑豆やココナッツが入った白玉をバナナの葉で包んで蒸したものだ。

まずは裏庭で採れたココナッツをガリガリと削っていく。

ガリガリと上下に削っていくココナッツ削りのイス
こんなギザギザの刃がついたイスに座って削っていく。
地肌の茶色の部分が混ざらないように器用に実を削ぐ。
半分のココナッツを削るのに15-20分はかかる。
それを今回は4個用意した。

具をすべて炒めていく中身は甘く味をつけた「サイワーン」としょっぱい「サイケム」がある。
後者は緑豆と豚挽肉をコショウで味付けしてある。

サイワーンという具私たちが作ったのは、サイワーン。
甘いといっても、最初にシャロットを炒め、そこに削ったココナッツ、砂糖、塩、ピーナッツ、ネギを入れるので、お菓子のようなおかずのような味になる。
 
お団子状にしていくその具を生地で包み、だんご状にする。
人によっては、黒糖を混ぜた生地を作る。

バナナの葉を筒状にして入れる包む
バナナの葉で丸めた容器にだんごを入れ、葉をたたんで包む。

これを蒸せばできあがり
三角のカノム・ジョックができたら、
後は蒸すだけ。

みんなで協力して作るバナナの葉を切ってきて、干して、拭いて、楕円形に切り、生地をこね、具を炒め、それを包み、蒸し……とそれはそれは手間隙のかかる作業だから皆で協力して作る。
それを大量に蒸し、お寺へ持って行ったり、近所の人に配ったりする。
これだけ誠が込められているのだから、徳も大きいとか。


投稿を作成しました 1964

お正月のお菓子、カノム・ジョック作り” に 5 件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: acddcd1be50e65459940b991c4480e9a
    手作りで持って行くんですね。珍しい。きれいな三角に包んでありますね^^。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この他、ホーヌン・ガイも手作りだし、お供えするお花を入れる容器や旗もすべて手作り。
    すごい時間がかかる作業だから、今後若い世代の人たちがどう受け継いでいくのかな。

  3. SECRET: 0
    PASS: c58cb0635dd0e9f5f5b456cf0cfa1d62
    三角のカノム・ジョックを作ってみたいんですが 楕円形のサイズってどのくらいの大きさですが?! 紙で何度も作っても出来なくて ^^;

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Sallyさん、こんにちは。
    このお菓子を作られるんですね!
    丸く作る人もいますが、楕円形の場合、大きさはだいたい20㎝前後×13㎝前後です。
    やぶけないようにバナナの葉は2枚重ねるのですが、上にのせるのは小さめで、長さ14㎝前後×幅10㎝前後です。
    おおよその大きさで大丈夫です。
    ちなみに、具の大きさは白玉だんごかそれより少し大きいぐらいです。
    うまくできますように!

  5. SECRET: 0
    PASS: c58cb0635dd0e9f5f5b456cf0cfa1d62
    お返事ありがとうございます!
    やってみたいと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る