ご飯にナームンニャオの汁をかけた料理

カノムジーン・ナームンニャオ
北部の代表料理といえば、カノムジーン・ナームンニャオ
素麺のような麺をトマトや血の塊が入ったスープと一緒に食べる。
地域によって味付けや盛り付けが変わってくるが、
チェンマイのスタイルは写真のような料理。
お祝い事やお葬式など人が集まるところでよくふるまわれるが、
屋台もたくさんあり、ふらっと立ち寄る人も多い。

カーオンニャオ
そしてこれは、カーオ・ンニャオ
炊いた米に豚肉の血や豚ひき肉などを混ぜて蒸したもの。
しっかり味がついていて、炊き込みご飯をおにぎりにしたような感じ。
ニンニクの風味が食欲をそそる。
これも定番の北部料理。

カーオ・ンニャオ&ナームンニャオ
そしてこれは今日発見した料理。
両方食べたい!という人向けだろうか、
上の2品をミックスさせてある。
麺の代わりにカーオ・ンニャオをお皿にのせ、ナームニャオのスープをかけたもの。
この店のオリジナル料理ではないだろうか。
麺より腹持ちがよく、しっかり食べたい人向けな気がした。

投稿を作成しました 1857

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る