「犬の舌」を食べる?!


タイには100種類以上ものお菓子があるけど、
今はほとんど作られていないお菓子もたくさんある。
理由は、手間がかかり過ぎたり、
味が単調すぎて今の時代に合わなかったりだ。
その1つがこれ。
北部のお菓子で、「カノム・リン・マー」という。
「カノム」はお菓子、「リン」は舌、「マー」は犬、
要するに「犬の舌」のお菓子ということになる。
ギョッとする名前だけど、
「猫の舌」のクッキーやチョコレートがあるのだから
「犬の舌」があってもおかしくない。
別名、「カーオ・ピヤン」ともいう。

sticky rice flour is mixed w/ sticky purple rice flour
作り方はいたってシンプル。
黒(赤)もち米の粉ともち米の粉と水をこねるだけ。

fold w/ banana leaves
それをバナナの葉で四角く平らに包む。
薄いほうがおいしくできるそうだ。
とにかく簡単。

steam for 20 mins.
あとは20分ほど蒸すだけ。
真ん中のはカノム・ジョックというお菓子。

does it look like a dog's tongue??!!
蒸し上がったものに、削った生のココナッツとお砂糖をまぶして食べる。
蒸すと黒(赤)もち米が奥深い紫色に変わり、とってもきれい。
普通のもち米の粉だけのお菓子と違って、
味に深みが加わり、おいしい!
バナナの葉の香りもいい。
なんでこれがあまり作られなくなってしまったのだろうか、もったいない!
洋菓子やポテトチップスなんかに比べたら味がシンプル過ぎるのか。

i don't want to eat his tongue
どう? 犬の舌に似ている?
でも、こちらは食べたくないなあ。

投稿を作成しました 1928

「犬の舌」を食べる?!” に 2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る