タイのおやつ、カーオ・グリアップ

カーオ・グリアップ
ケーキやパン、クッキー、アイスクリームなどが生活の中にとけこんでいくと、
昔ながらのおやつは少しずつ姿を消していく。
だけど、日本人が時々ふがしやポン菓子といったシンプルなものが食べたくなるように、
タイでも昔ながらのおやつの需要はある。
その1つが、「カーオ・グリアップ」。

カーオ・グリアップ
もち米を石臼でひき、ゴマと混ぜて作る。
生春巻きの皮(乾燥したもの)より硬いけど、火であぶっていくとぷくっと膨れてくる。
焼きたては、パリパリパリッと割れ、食感がいい。
香ばしく、ほんのり塩とゴマの風味がする。
軽いのでいくらでも食べられてしまう。

カーオ・グリアップ
今回はタイルー族の女性がデモンストレーションで焼いていた。
昔は乾燥したものを常備しておいて、
小腹がすいたら火鉢であぶっていたんだろう。

投稿を作成しました 1882

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る