北タイの納豆作り(1)トゥアナオ・モッ

納豆というと日本の食べ物のような気がするけど、北タイやミャンマー、中国雲南省などでも食べる。
チェンマイの市場へ行けば普通に売っていて、乾燥させたものとバナナの葉に包んだものがある。
北タイの人も作るが、シャン族のものが有名。

この平らで丸いものが乾燥納豆「トゥアナオ・ケープ」。
火であぶってから、砕いて調味料として使う。

これはバナナの葉に包んだ「トゥアナオ・モッ」。
たぶんこれはシャン族の人より、北タイの人が食べている。

大豆を茹で、2、3日発酵させた後、潰して、塩と混ぜる。
(シャン族の納豆には塩を入れない)

それをバナナの葉に包んで、

蒸したり、

焼いたりして作る。(それか、両方)
もち米につけて食べてもいいし、溶いた卵に納豆(トゥアナオ)、にんにく、シャロット、唐辛子、レモングラスを入れ、炒めてもおいしいとか。

10年以上前に食べたので、味を忘れてしまったけど、これが納豆の卵炒め、「トゥアナオ・サイ・カイ」。
レストランの人にお願いして特別に作ってもらったもの。
日本の納豆より匂いも粘りもないので、食べやすかったような…。

(つづく)

投稿を作成しました 1949

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る