仏像の水かけは明日、4月13日

タイ正月、ソンクラーンは水かけ祭りとしても有名で、この時期はどこを歩いてもびしゃっと水をかけられる。
国内外の観光客も続々と集まってきて、ザバザバと水をかけあって楽しむ。
私も最初の頃は一緒に楽しんでいたけど、この時期は家にこもることが多くなってきた。
外に出れば渋滞だし、水をかけられるし……で、夕方まで家でじっとしている。
だけど、町に出れば、水かけ以外の伝統的な行事も見られるので、たまに濡れる覚悟で出ていく。
そのひとつが、仏像の水かけ。
チェンマイで重要な仏像をお寺から出して神輿にのせ、町を練り歩くのだ。
地元の人は、ターメリックやソムポーイ、香りの良い花などを水に入れた聖水を作って容器に入れ、それを神輿の仏像にかける。
(4月13日 13:30頃~18:00頃。ナワラット橋界隈~ターペー~旧市街のラーチャダムヌーン通り~ワット・プラシン)

また、ワット・プラシンでは、シヒン仏をお堂から運び出す儀式も執り行われる。 (4月13日 9時頃)
一見の価値があるので、濡れる覚悟で行ってみては?

投稿を作成しました 1824

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る