ドイステープの巡礼「ティアオ・クンドーイ」は5月9日

thieo1.jpg
今年のウィサーカブチャー、仏誕節は5月10日。
お釈迦様が誕生し、悟りをひらき、入滅した日で、仏教徒にとってとても大切な日だ。
どのお寺でも、夕方に読経があり、仏塔の周りを3度回るウィアンティアンが行われる。

thieo.jpg
そしてチェンマイにはその前日に「ティアオ・クンドーイ」という特別な行事がある。
チェンマイ大学正門や動物園の先に、クルーバーシーウィチャイ高僧の像が立っているが、そこから山の上のドイステープ寺院まで歩くのだ。
クルーバーシーウィチャイ高僧は様々な功績を残していて、1935年にドイステープ寺院までの道路を作ったのもその1つで、今でも多くの信者から尊敬されている。

thieo2.jpg
9日は18:30頃からクルーバーシーウィチャイ高僧の像で様々な行事があり、19:59にドイステープ寺院に向かって神輿が出発する。
チェンマイの人達や観光客が夜通し寺院を目指して歩いているので、好きな時間に行って参加することができる。
高僧の像から寺院までは約10.7km。
車で20分ほどの距離だけど、歩くと人混みがすごいこともあり4時間ぐらいかかる。
ずっと上りなので参加する人は歩きやすい靴がいいだろう。
ちなみに短パンやタンクトップはやめよう。
それなりに疲れるが、所々に水補給所などがある。

thieo3.jpg
寺院はとにかく人、人、人で身動きが取れないので覚悟をしていこう。
お参りをした後は、ドイステープ寺院からの夜景を見ることも忘れずに。

チェンマイにいるなら1度は参加したい行事だ。

*帰りは赤色ソンテーオ(乗り合いタクシー)がある。

投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る