ソムタムの食べ方 (辛いのが苦手な人編)

ガイヤーン&ソムタム
たまにがっつり食べたくなるのがガイヤーン(焼き鳥)。
お店によって味は少しずつ変わるが、炭火で焼くのでどれも香ばしい。
2人で1羽頼んでもぺろりと平らげてしまうおいしさだ。

ソムタム
ガイヤーンに必ず合わせるのがソムタム(パパイヤサラダ)。
これを合わせると口がさっぱりする。
私は年齢とともに辛いのが苦手になってきているので、
辛さはいつも控えめにしている。
以前は
「辛さ控えめで」(ペット ノーイ)
と言っていたが、作り手によって辛さが違い、
唐辛子を3本入れる人もいれば、7、8本入れる人もいた。

だからその後は
「唐辛子1本で」(プリック メット ディアオ)
に変わった。
だけどそれでも、「からっ~!」ということが何度かあった。
タイ人の友達に食べてもらっても「これ、辛いよ」というほど。

不思議に思っていたが、ソムタムを作る木臼は1回1回洗わないので、
これまでに作った液が少しずつ底のほうにたまっているのだ。
お客さんによっては「辛く!」と言っているので、
それが混ざって私のソムタムも辛くなるのだ。

これが判明してからは、ソムタムを注文する時は、
「唐辛子を入れないで」
に変わった。
味気ないかと心配したが、ほどよい辛さがある。
時には舌がピリピリして鼻水が出ることも。
意外と木臼の底には唐辛子液が残っているのだ。
もし、「ソムタムをいっぱい食べたいけど、辛いのでちょっとしか食べられない」
という人がいたら、
「唐辛子なしで」(マイ サイ プリック)
と言ってみては?

投稿を作成しました 1882

ソムタムの食べ方 (辛いのが苦手な人編)” に 2 件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    ご無沙汰してます。

    木臼なので唐辛子が染みてますから日本人的ピリ辛には「マイサイプリック」で十分ですね。

    私はタムタイで唐辛子とトマト抜きにしてもらってます。
    これが、パパイヤのなますのようでとても美味しいのです^^;

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    確かに、なますのようですね。
    タイはアレンジが自由なので嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る