サワンさんのNomad Coffee

テントを背負って自転車で世界中を旅しているサワンさんがコーヒートラックを出した。
初めて彼に会ったのは2015年。
友達が面白い人がいるから取材したら?というので会いに行った。

自転車にコーヒー道具を積み、オーダーが入ると豆を挽き、エアロプレスやフレンチプレス、ドリップで淹れていた。

マケドニアやセルビア、モンテネグロ、ボスニア、クロアチア、スロバキア、チェコ、オーストリア、スウェーデン、ジョージア、南米、アナトリア半島、イラン、トルコ、パキスタン、ウズベキスタン、キリギス、カザフスタン、中国、インド 、エチオピア、シベリアの氷上、-26度のモンゴル、 などなど……、ありとあらゆる場所に行っている。
メーサリアン出身。コンケーン大学で生物を勉強し、チョンブリー県で9年間、教師として小中学生に生物を教えたそうだ。
その時から休みになるとバックパッカーで旅行していたけど、バスや列車、ヒッチハイクなどに頼らず、もっと自立した旅をしたいと思い、自転車で行動するようになる。
好きな場所で停まり、気がすむまでそこにいる。ベストロケーションを見つけてテントを張る、そんな気ままな旅が理想。安く旅行できるし、地元の人と触れ合え、冒険もできる。特に写真を撮るのが好きなので、自分のペースで動ける自転車は最適だという。

「幸せが一番。お金はその次」  
そうサワンさんは語る。
何か楽しいことをしたいと思い、2015年にコーヒー屋台を始めたが、人生の優先順位は「幸せ」と思えること。だから、教師を辞めてから10年間は、半年働き、半年旅行に出るというスタイルで過ごした。

去年コーヒートラックを作ったので、 去年と今年はコーヒーを本格的に売ってみるとか。
豆は知り合いのコーヒー農園から買い、自分でローストしている。
ハイシーズンは観光客相手に自転車ツアーもしていて、両方楽しいそうだ。
本当に自分の気持ちに素直に生きていて気持ちいい。
そしてまったく自慢しないし、自然体なのがいい。

とても魅力的な人なので、2016年、NHK「アジア食紀行」を制作している方が面白い人を探している時に、サワンさんを紹介したことがある。
それをきっかけに私もコーディネートをお手伝いしたけど、すごいパワフルでマニアックな番組に仕上がっていた。

店名のNomadの通り、またいつかふらりとどこかに行ってしまいそうだけど、またふらりとチェンマイのどこかで会えそうだから面白い。

ターペー通りにオープンして4か月。
今年1年はお客さんの様子を見たいそうなので、旅には出ないはず。
場所などは移動するかもしれないので、FBやIGで確認を。
(現在はワローロット市場に移転。下の地図参照)
【営業時間】水~土 7:00~15:00頃 (予定があると休み)
【地図】ここをクリック(ここに移転。2024.5.30情報)
【FB】ここをクリック
【IG】ここをクリック

投稿を作成しました 1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る