タマリンドの酸味がきいたスープ、「ゲーン・ソム」

ゲーン・ソム
タイのスープといえば、トムヤムやトムカーガイ(ココナッツのスープ)が有名だけど、
その他にも辛いの、辛くないスープなどたくさんある。
私がタイ料理を知り始めた時は、トムヤムかトムカーガイばかり頼んでいたけど、
タイ料理がわかるようになってから好きになったのが写真の「ゲーン・ソム」。
「ゲーン」(スープ・汁物)、「ソム」(酸っぱい)という意味で、
ピリッと辛いけど辛すぎず、タマリンドの酸味がきいた奥の深い味。
具は野菜や魚など自由に選べるけど、
私が好きなのは、「チャオム」という葉が入ったスープ。
アカシアの種類らしく、独特の匂いとクセがある。
それを卵焼きにしてスープに入れるのがポイントで、
ちょっとざらっとしたスープの酸味と青臭さがマッチする。
何度食べても飽きない味。
トムヤムやトムカーガイ以外に挑戦したい人はお試しあれ。
店によって辛さ、酸味、甘味が違うので、自分の好みに合う店を見つけてくださいね。
ちなみに、南部の「ゲーン・ソム」はまた少し味付けが違い、激辛ですよー。

投稿を作成しました 1857

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る