運を良くしたい人へ

ワット・ドゥアンディー
新年を迎え、初詣に行かれた方も多いのではないだろうか。
タイの新年は4月のソンクラーンだから、
1月1日は特に何かがあるわけではない。

だけど、もし今年の運勢を良くしたかったら、
ワット・ドゥアンディーに行ってみるのもいいかもしれない。
チェンマイにはいくつか縁起の良いお寺というのがあるが、
その1つにこのお寺が入っている。
何しろ名前が良い。
「ドゥアン(運・運命)」が「ディー(良い)」「お寺(ワット)なのだから。

よく見られる光景は、写真のように新車を持ってくる人。
事故に遭わないように、安全運転でいられるよう僧にお祈りしてもらうのだ。
むにゃむにゃとお経を唱えた後、社内の天井に呪文を書いてくれる。
天井に落書き!?と外国人はびっくりするかもしれないが、
お守りといえるのだ。
タイでタクシーやバス、乗用車に乗ると
クルクルした文字や丸が書かれている車をよく見るが、
その車なら安心して(!?)乗れるというわけだ。

ワット・ドゥアンディー
ちなみにこのお寺の見所は、本堂後ろの経蔵。
仏典や仏教に関する資料を納めている蔵で、1384年に建てられたと言われている。
ドアや窓枠の飾りが見事。

場所は旧市街の中心辺り。
3人の王様像の広場から徒歩1分。
Prappoklao Road のここ

投稿を作成しました 1845

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る