食べ物アレルギー

タイの3月、4月と言えば、1年のうちで1番暑いが、
チェンマイの朝晩は未だ涼しく、過ごしやすい。
その代わり日中は日影でも33度は軽く越す。
でも、湿度がないのが救いだ。

この間、若いカシューナッツの実を採った(盗った?!)のが祟ってか、指が痒い!
とにかく痒い!
ちょっとかじったのも祟って、唇もボツボツとかぶれている。
苦しい!

ーと言いつつ、マンゴーをもらったので食べた。
本当は食べるべきではないんだけど、2個ぺろりと平らげた。
ナーム・ドーグマイ」という品種で、日本には冷凍ものが売られている。
でも、それはとてもじゃないけど、「マンゴー」と呼べる代物ではない。
本物は甘酸っぱくて、口の中に入れると果汁がじゅわーっと広がり、
雲の上にいるような幸せを味わえる。

タイはこれからマンゴーの季節を迎える。
早いものはもう食べられるけど、
未だ街のあちこちで小さな緑色のマンゴーをつけた木を見ることができる。
熟す前の緑色のマンゴーは酸味があり、
それをシャリシャリ食べる。

そうそう、最初に書いた、「なぜマンゴーを食べるべきでないか」というと、
「タイの屋台図鑑」にも書いたけど、私は子供の頃からマンゴーアレルギーだからだ。
マンゴーはうるし科で、私はすぐかぶれてしまうのだ。
大人になってだいぶ良くなり、少々食べる分には問題はないけど、
カシューナッツでかぶれている今は本当は止めておくべきなんだろう。
それでもその気持ちを押さえられないほど、
タイのマンゴーは誘惑的。
明日の私はどうなっているのやら。体中カユカユ?!

投稿を作成しました 1882

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る