ルークラーンの実

Luek laan
ルークラーンという実をもらった。
ヤシの一種で、葉は昔仏典を書くのに使われていた。
今でもお寺へ行くと「バイラーン」というものが残っているが、
それの実だという。
青梅サイズ。

すでに茹でてあるのでこういう色をしているけど、
実物はもっと明るい緑色だそう。
半分に割るとこのような乳白色の実が入っている。
ゴムのように弾力があり、もっちり。
ぱっとした味ではないので、
シロップで煮て氷を浮かべて食べるとおいしくなるそうだ。

投稿を作成しました 1857

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る