カプセル入りでも苦いファータライジョーン

ファータライジョーン少し体熱がある気がする。
「風邪だからそこのファータライジョーンを噛みなさい」
とお母さんは花壇を指して言う。
風邪にファータライジョーン、なんかそんなうたい文句があった気がする。
良薬口に苦しではないけど、この葉はめちゃくちゃ苦い。
1度噛んだことがあるけど、最初は若葉の青臭い味がして、
「なんだ、甘いじゃん」なんて思うけど、すぐにどひゃ?と苦さが舌に広がる。
木の幹を剥がして、焦げるまで焼き、それを石うすでついて飲んだら
こんな味がするんだろうな……という苦さ。
「噛んだら苦くて苦くて、喉に舌にじわじわくる。
白湯をその後飲んでも、いつまでもいつまでも喉に残っているぐらい苦い。だけど、効く」
とお母さんも言う。
それならばと、既製品の薬(漢方?)を買ってみた。
透明のカプセルに入っていて、
モスグリーン色の粉がぎっしりと入っているのが透けて見える。
なるほど、これなら苦くない。
しかし、しかしだ。私は錠剤もカプセルも飲めない。
粉薬しか飲めなく、努力しても結局は口の中で溶けるか砕くかして喉を通している。
だからカプセルなんて問題外。
試しに、口の中に放り込み、飲む努力をしてみた。
ゴクン、ゴクンと何度も飲み込んでも、喉を通るのは水のみ。
そのうちにカプセルが溶け出し、ふにゃふにゃしてくるのが分かる。
早く飲まなきゃ、飲まなきゃと思っているうちに、カプセルが破け、
粉がわーっと口中に広がる。
に、にが?い! 
震えるほど苦い。
一気に飲み込んだけど、3錠飲み終わる頃には、冷や汗かいて、お腹はたぽたぽだー。


投稿を作成しました 1882

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る