入安居のロウソクを寄贈する

candle_20170702110036459.jpg
今年の入安居は7月9日。
成人男性はこの時期に短期出家する人も多い。
本格的な雨季に入ることから、僧侶の旅は禁止され、お寺にこもって修行に励むとされている。
今と違って昔は道がぬかるむことから移動が危険だとか、生き物たちを踏んで殺生してしまうかもしれないからだとか言われている。
電気がない時代はロウソクの灯で経文を読んでいたためロウソクを寄贈する習慣があり、今でもこの時期になるとお寺でロウソクを作っている。

まずお金を寄付して蝋をもらう。

candle1.jpg
それを鍋に入れて溶かす。

candle2.jpg
そして芯が入った型に蝋を流しいれる。
型からはずせば1メートルはあるロウソクができあがり、それを奉納する。

投稿を作成しました 1861

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る