よみがえった自転車

 同じアパートにいる子が自転車を修理したというので、その子のピックアップに自転車を積んでその店に連れて行ってもらった。(日記10月10日参照)
 大学裏にあるそこはバイク修理屋だけど、自転車も直してくれるらしい。私の自転車に合うタイやがあるか不安だったけど、どこからかタイヤを買ってきて付け替えてくれるという。
 自転車を預け、1時間後に戻ると、以前よりずっと立派で丈夫なタイヤがついていた。両方換えて500バーツ(1500円)。物価からするとちょっと高いけど、それで乗れるのなら満足だ。
 帰りはそれに乗って、アパートまでこいでみた。信号待ちをしていると、あまりの静かさにエンストしたような錯覚に陥ってしまったのは、バイクの生活に慣れてしまったせいだろう。
 バイクと違い、よそ見もできるし、ゆっくり景色も楽しめる。20年ぐらい前のチェンマイはきっと自転車が行き交い、さぞ素敵だっただろうなと思う。今では、片側2車線の道路をバイクや車の排気ガスとスピードにまかれながら運転しないといけないので、正直怖いし、爽やかでもなんでもない。
 ガソリン代も高いことだし、皆で自転車に乗り換えようよ?。

投稿を作成しました 1857

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る