大気汚染

◎チェンマイ県庁付近
    10ミクロン以下の粉塵量 181.2(基準値120)
    大気品質度 127.0(基準値100)
◎市街地ユッパラート小学校付近
    10ミクロン以下の粉塵量 227.3(基準値120)
    大気品質度 147.0(基準値100)

 今年の冬は世界園芸博があり、いつもより何倍ものバスや車がチェンマイに入ってきた。あちこちで渋滞を引き起こし、排気ガスがもうもうと舞った。そのうえ、11月頃から雨が全然降らずに2月に入った。このまま猛暑の4月に突入すると思うと怖いなと感じていたところ、大気汚染に関するメールがチェンマイ日本国総領事館から入った。それが冒頭の数字。チェンマイ市内での粉塵飛散は危険なレベルに達しているらしい。呼吸器疾患の患者も増えているとか。だから、なるべく長時間の外出を控えたり、外出の際はマスクをするようにと。
 どんどん観光名所を増やすのもいいけど、環境対策をしないことには、いずれ観光客が減ってしまう。それ以上に、地元の人の健康を考えなくては……。これには住民も車に対する意識を変えないといけないが。昔のように自転車の生活に戻ればいいのにな……。

投稿を作成しました 1923

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る