隠れ家!?のクアイチャップ屋さん

バリバリ観光地の裏の路地にこんな看板がある。
店なのか家なのかよくわからないし、店のようだけど、塀の木が朽ちているので入る勇気はない…。

隙間をのぞくと、お客さんが!
テーブルは外に2席とカウンター席2席のみ。

カウンターの向こうにいるのが、ここのオーナーのヌムさん。
チェンマイ生まれ、チェンマイ育ち、この店の敷地が自分の家だ。
作るのは、「クアイチャップ」のみ。
元々、おばあちゃんがサンパコイ市場でクアイチャップを売っていたというが、
そのレシピを受け継ぎ、5年前からここで店を開いている。

これがクアイチャップ。
元々は中国の料理だ。
揚げた三枚肉(ムーグローブ)、揚げ豆腐、卵、麺が入っている料理で、スープはスターアニスやシナモンを煮込んであるので漢方を思わせる味。
麺といっても、 厚めの餃子の皮をくるくるっと巻いたようなもの。
米粉でできているのでコシはない。

ヌンさんのクアイチャップは炭を使って料理しているので、香りがいい。
揚げた三枚肉ももちろん手作りで、化学調味料は一切使っていないとか。

1日50食限定(1皿40B)で、売り切れ終了。
興味がある人は行ってみて。

【地図】ここをクリック (ターペーのスタバ裏の路地)
【営業時間】8:00~12:00頃。(売り切れ終了)
【休み】日曜日

投稿を作成しました 1993

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る