ドイステープまで登る行事、ティアオ・クンドーイ

3月15日(日)は仏誕節(ウィサーカブチャー)。
お釈迦様が誕生し、悟りをひらき、入滅した日だ。
チェンマイでは毎年、この日の前夜にドイステープを歩いて登るという行事がある。
コロナで2年間なかったので、久しぶり。

相変わらずタイらしく、詳しいスケジュールは出ていなくて、14日(土)16:00にクルーバーシーウィチャイ高僧の像で式典がある、ということだけがわかっている。
実際に歩き出すのが何時とかは何も発表されていない。
でも、私が歩いた時は、なんとなく日が暮れてから人々が集まり、なんとなく自由に登っていた気がする。
私は20時頃歩き出し、夜中にドイステープ寺院に着いたと思う。
その時の様子は、過去のブログのここここに書いてあるので、よかったら見てください。
最近、雨が多いので、雨具を用意したほうがいいと思います。

(写真は “Chiang Mai News“より)

投稿を作成しました 1947

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る